工房ハイファイブ

aketa2011.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 23日

私用仕様活

a0244276_2204934.jpg

■「私は何故に、いつまでもルアーを作り続けて居るのだろうか。」自問自答。

①「工作や美術」が、昔から趣味だから。 …うん、それも有る。

②「私用仕様ルアー」は、中々、自分でしか創り出せ無いから。
 …あっ、それはそだろうな。自分好みとか、癖とか色々知っちゃってると。

③「自分の作品」で、魚を釣ると超嬉しいから!…それは好きよ。絶対有る。
 でも、『ローカル』で釣っても、『50』・『HEDDON』で釣っても、超嬉しいぞ!!

④『工房ルアー』を応援してくれる人達に、喜んで貰いたいから。
 (または、口にした魚に喜んで貰いたいから!笑)…そーだね、それが生き甲斐だなぁ。

⑤副業も本業も無くて、もう後戻り出来ん位、時間もお金も投資してるから。
 …わはははは痛い。これはイタイ。正直これは、理由にしたく無い理由(No.1)ですな。
  だけど実質的に、作家としてプロとして「工房を続ける」為には、
 これは無くては成らない部分なんだよね。判ります。










a0244276_2371636.jpg



 多分、「音楽が好きな人」は、『音楽学校』に行く前に、楽器を持つだろうし、
「絵が好き」、「アートが好きな人」も、『芸術学校』に行く前に、ペンと紙を持つだろう。
世の中には『サーフィン』が好きで、自分がボードの『シェイパー』に成ってしまう人も多い様だ。
きっと私は、それに近いのかも知れない。

 色々と続ける理由は有るのだけれど、
最大の理由は、子供の頃からこう言う「工房生活」が夢だった。なの。
私にとっての『結婚生活』の様なもの。(笑)
…これだと、流石に…嫁は居ない。


 我慢が必要だったり、失敗したり、
勤務の給料を殆ど工房費用に注ぎ込んだり。
作品優先の時間配分だったり。
時に「対人との付き合い」が消極したり。
 最後なんかは、[引き籠もり]とも、表現出来るかも知れないけれどもね。

まだまだ今は、夢の途中です。道の途中です。


**画像の私は、3月震災後の「計画停電(/節電)期間」AKETA2切削作業中。)

 みんなに励ましを伝えたかったけれど、色んな想いが頭を巡り、
言葉が出て来ませんでした。今でも、大きく被災された方達の
生活の不便さは、全く続いているでしょう。

「大切な人を亡くされた方」また、「亡くなられた方」の気持ちを思うと、
無念の他には何もないのでは無いかと・・・。
「絆」「頑張ろう」何て、私にはとても言えない。

 
 私を、知っている人も居ると思いますが、
23歳から、第2種6級身体障害(労災による)を持って居ます。
(クラフトマン)なのに、左手指が3本無いんです。
それは其れなりに苦労もしました。エエ。

 でも、こうして、身体に不便を感じながらも、
貧乏をしながらだって、ちょいと体調を崩したっても、
今は職があり、工房があり、思い立てば好きな『魚釣り』にも出掛けられている。
そう言う「時間の流れ」が有ると言う事は、誰かの励みには成るだろうか。


話を戻して、
『それでもまだ避難もせずに、ここで「好きな生活」が出来ている。』
 だから「私が私を精一杯に生きなければ!」っと思います。
先ずは、ただそれだけ。
 そして何れ、何かの役に立てれば良いな。
 
 乱文ごめんなさいまし。



 このブログ今は「ヒット数」も少ないから、
私の想う色々とを、書ける事を書きたいと思う。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。
[PR]

by high-five-info | 2012-01-23 01:55 | 工房日記


<< WEB      釣り初め >>