工房ハイファイブ

aketa2011.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 11日

「まな板」新調の巻

a0244276_173324.jpg

 先日、「銀杏の木」まな板を新調しました。

 まな板と言っても、私の場合は料理に使用するのでは無くて、
もちろん(ルアー工作)に使用するのですが、まぁ、用途は一緒です。
 「小刀」やら「鑿」の刃先を、必要以上に傷めたく無いと言う理由と、
どうせなら「気分良く、気持ち良く。」作業したいっちゅう事です。
 今迄はDIYでも購入できる、桐のまな板でしたので。
 
 ルアー材に使用している桐は、こちらは材木屋さんから、
質の良い部分を購入するのですけれどもね。っと言うのは、 
きちんと適湿に乾燥されて、無用の反りが起きない事。
その上で厚みが揃っている事と、材質(木目)、重量を選別出来ないと、
ルアーとしての仕上がりが目茶目茶に成ってしまいます。
 逆に、(バルサ材)は値段は上がりますが、DIY店頭で
全て選んでしまいますね。(私の規模的に、大量購入よりも、
こちらの方が失敗が少ないので。)

 *桐と言えば、”木”に”同じ”と書くので、
草の一種だ、と言う説も有りますが、立派に広葉樹。
 日本国内でとれる木材としては最も軽い訳で、
バルサ材よりも、経験上では表面硬度が高い。
そして”彫塑感”がとても楽しい。
 そんな理由で、現在当工房の主材に抜擢している訳ですが、
今後はどうなるのでしょうね。
「桐の産地」も、「桐」その物も、とても心配なのです。


 話を元に戻して、最近の私の「工房仕事」以外の時間、
(「?私的時間?」)の過ごし方と言うのが、
本⇒本⇒PC情報検索⇒PC最新記事確認⇒本⇒本[繰り返し]
に成って来ていて、(良い大人として)成りに知識を身に着ける事は、
とても良い事ですが、この歳に成っても、まだまだ勉強できる事は幸せですが、
元の人種が人種ですので、たまに息が詰まりそうにも成りますね。

 そんな或る日、無性に「大きい材木」が見たくなって、
(縄文杉)などを扱う「家具工房」にお邪魔したのです。
そこで「銀杏の木(木目の素直な柔らかい部分)」を分けて頂きました。
 ※¥4200也ーは、高いのか安いのか? 今後の自分次第です!(笑)

お蔭様で、いい~香りに包まれた、安らぎの時間を過ごせましたナ。
感謝感謝。


「さてはて、今回は何個くらい仕上げる事が出来るでしょうか。」







a0244276_2563629.jpg

■「完成版’KIRI-KIWI]は、コチラの細身の顔に成ります。こう御期待!
[PR]

by high-five-info | 2012-06-11 03:00 | 工房日記


<< 『とりバード』珍品ルアー①      「南房総 ちっと1人旅」 >>