2012年 09月 16日

「煮詰まって来ました。」

a0244276_1563153.jpg
a0244276_1592391.jpg
a0244276_15152885.jpg


◇今期の「ルアー塗装」も、そろそろ煮詰まってきましたよ。


 全ての個体が組み上がった時点で、
「さて、何個がB品に成らずに仕上がるのか。」などと言う、
次の課題も有りますから、「何個数を吹いたか」をお話するのは、
ちょっと控えますけれども、そこそこ楽しめた数量(10色種)とだけ、
お伝えしましょうか。





 何時もの事なのですけれども、
また今回も、ここ迄の制作時間は、525時間が掛りました。
いや、懸かりました。・・・あれ?
架かりました・・・係りました・・・
・・・罹り・・・「病気か!」

*日本語と言うのは、相も変わらず難しいものです。
(かかる)だけを取とっても、「意味合い」も色々と変化をするし、
上の様な例では、(表記上)どれもが正しくて、どれもが当て嵌まらない気さえする。
 直接的に(発音・発声)を以って、コミュニケーション出来るので有れば、
こんなに感情を迷わないのだろう。 笑


 話を元に戻して、
この13ヶ月間「(約9360時間=561600分)」と言う期間(生活)の中で、
「(525時間=31500分)」を、(ルアー制作)時間に使いましたので、
んまぁ、「私の約5.6%が実質的に、『工房人間』です。」っと言う事に成りますかな。
※(いえ、逆説的に言えば、この5.6%が在るから、
 「私は私として、成り立っている」のかも知れません。)

 たった、それだけなのかと、もっと出来る様な気もするけれど、
色々と未だ修行中の身ですからね。云々
こうして簡単に計算をしてみたものの、
 自分としても、この時間中には、どれだけの気持ちの変化や、
環境の変化があった事やらか。
まるで 「数字」何かにゃ成りませんぞ。

 どの様に過ごして来たのか、
自分でも途方もなくて、まるで解からないです。
説明しようがない。


 しかしけれども、作品に手を着けた時間と言うのは、間違いなく、
『”全てが楽しかった時間(喜々とした想い出だ!)”』と、
胸を張って言う事が出来ますよ。
 なぜなら、「駄目な時には、手が着けられ無い。
(時計カウントしない)」のだもの。 わはははは。

 私にとって、「工房仕事/(ルアー制作)」自体が趣味ですから、
「精神衛生上的に見ても、とても良ろしいぞ!」と言うお話でした。



 ルアーは、作品とは言え「単なる魚釣具」であるので、
これはもう、「壊れて行く道具」でしか無いのだけれども、
皆さんのお手元に届く事があらば、是非に、
この「楽しい感情」の部分を、
”瞬間ちょっぴり”味わって頂けたらなぁと思います。
 
 私としては、そこに届けば満足だな。


何てね。

文字に起こしていても始まらないのです。
自分を更新するには、マダマダこれからが、全然長い道程(工程)だのだ。

今日も頑張ろう様! byカサイ




 次回 「アト・ドンケカール」。
[PR]

by high-five-info | 2012-09-16 18:08 | 工房日記


<< 「アト・ドンケカール」      『塗装の夏』 >>