2013年 05月 05日

今日は子供の日

a0244276_120263.jpg



◇作品紹介

 少年トミー(名;トミー・ナマケモノ)の家は、
家事の全てが電気仕掛け。
「起床→朝風呂→着替え→歯磨き→朝食→」と
”オートメーション化”されているのだが、
或る日、街に落雷があり、電力が止まってしまったからさぁ大変。
”家事システム”が全停止してしまった。

 電気が止まってしまった事を良い事に、
少年トミーは、4日4晩と寝続け、学校にも行かず。
5日目の朝、電力の復旧と共に、
とうとう腹が減って起き出すのだが、
次々に”家事装置の誤動作”に巻き込まれ・・・。


 内容は少々、シュール・リアリズムでSFチックな絵本。
 「便利な暮らしも程々にしておかないと、痛い目に合うよ!」
そんな風刺の効いた物語。



 ↓(ここから私の所見)

 だがしかし、ガキんちょにとっては、
教訓とか、そんな事はどうでも良いのだ!
字とか面倒臭いのだ!

 「家事オートメーション」の挿絵が、単純に面白く、
子供の”ものぐさ心”に火を着けて、
SF的で素敵な生活に憧れを抱いてしまいます!
夢の扉を開いてしまいます!

 その内に、「変な治具」や「変な装置」を器用にも編み出し、
楽に成った分、空想時間が増えて、変な所に懲り出したり、
更なる工夫を重ねて改良をしたり、情報収集をしたり、
素直に反省する事を覚え、研究熱心に成ったりします!
洞察力が鍛えられたりします!挑戦したりします!
効率や能率を考えたりします!
危険!禁書!


 そして、とうとう私は『家内製手工業?(工房空間)』の中で、
装置や作品・道具達と共に、器用に暮らしている訳である。?
*(趣味の世界であっても、こう言う「カイゼン」部分何かは、
「ああ日本人なんだなぁ。」と感じる今日この頃。)




 何を隠そう、この『ものぐさトミー』は、
私が小学校1年生(6才)の時に、
母親から買って貰った想い出の本だったのです。

「三つ子の魂百まで」とは良く言ったもので、
幼少期の刺激って、ずーっと続く物なのね。
関心しますな。

だからどうぞ皆さん、
子供と一緒に暮らしている方達は、
沢山の良い刺激を与えて、
また体験させてあげて下さいませ。


 さて今日は『子供の日』。
どんなプレゼントするのでしょうか。

「子供達の喜ぶ顔が楽しみですねー。」


a0244276_327361.jpg








※(トミーって富山君ぢゃ無いよ。)
[PR]

by high-five-info | 2013-05-05 04:36 | 工房日記


<< エンスージアスト      鉄を切る! >>