工房ハイファイブ

aketa2011.exblog.jp
ブログトップ

2012年 07月 25日 ( 1 )


2012年 07月 25日

下地の加工中につき②

a0244276_041582.jpg

「ブログ更新」を忘れそうに成っていた。

 私は「神社巡り」が好きである。

 「祈るだけなら誰でも出来る。」
最近(偉いリーダー)さんの、そんな発言も聞こえたが、「そんな奴ぁ~喝!」
*あなたぁは、「平和に対しての祈り」が足らな過ぎやしませんか?

 私は思うのです。
『平和への祈願』その心が、「社会秩序を保つ」何よりの基で或ると!



*(「尖閣が日本国領」である事の、弱い主張。)国政に対して、怒っているのでしょうけれども、
(都のリーダーとして)大人として、発信する言葉が余りに下品過ぎて、怒りを覚えてしまう。ガァーーーー!
a0244276_0512461.jpg


 日本人は、ずっと古来から祈って来たではないですか。
「初詣・節句・厄除・安全・豊穣・平和祈願・儀礼と感謝、報告」諸々と。 

 確かに、「神頼み」だけでは行けませんよ、実行力が必要です。
しかし、「神様」・「仏様」に祈りを捧げる事は、取り立てて言わずとも、
信仰の有無を問わずに、人にとって、とても大切な行為で心ですよね。

 「ご先祖様」を偲び、歴史を勉強してこそ、
自分の成り立ちを探り、その片鱗でも伺い知る事が出来る。
 自分を理解する事で、自分にも相手にも、正しく、「思いやり」を持つ事が出来て、
初めて自国と相手国に対して、「国益を伴う外交」と言う、大きな仕事が成り立つのだろう。

 だから、互いの(心や、ふるさと)を考えない、大切にしない問題解決方法なんて、
私には、どうかしちゃってると思えるのです。教育上も宜しくない。


 

 *「日本人よ、武力衝突(戦争)を覚悟しろ!」 何て言われるのならば、
それも逆に、ただの「平和呆け」ではないだろうか。 
それとも「平和に飽きてしまった人」なのか!

 但し、荒治療的にも、国境に対して危機感を問題提起し続けている、
その姿勢や行動力は、確かに凄いなと思ってしまいます。



■下地は続くよどこまでも。 カサイ

More
[PR]

by high-five-info | 2012-07-25 02:48 | 工房日記