2013年 02月 21日 ( 1 )


2013年 02月 21日

試作中な日々

a0244276_1956843.jpg
a0244276_19543071.jpg


 今月の私は「試作ルアー」にしか手を着けてない。

 ここの「ルアー工房」だけで生計を立てて居たらば、はっきり言って、
「残念ですね、今月のお給料は無しよ」状態でした。
私自身の”無計画さ”を改めて実感してビビっておりますが、
これは「悲しい性」であり、しかし個人的には、
自分でも意外と気に入っている部分であったりもします。
 何故ならば、採算度外視と言う事は、趣味性が高い生活だから。
*生きている活動の趣味性が高いと言う事は、
人生を何かと楽しんでいる証拠だから。(あっはははは!)
精進します。


 まっそいで、その「試作つくり」って言うのが、
想像力を掻き立てられて楽しいものなのだ。
 私は、ここが一番好きかも知れません。

 
 1発で設定が決まる(機種)作品もあれば、
中々どうして、5本6本・・・・20本30本と、
試作ばかりが増えてしまう機種もある。
 
 煮詰めれば煮詰める程に、
動きが良くなると言う、単純な話でも無く、
設定が、ついぞ「オイシイ範囲」を
通り越してしまう場合もあります。
また、「最初のインスピレーション」から、
遠ざかってしまったりする場合も有る。
 逆に勿論、作り込めば込む程に良くなる物もあり、
それは狙いだ。

 止まらないのだ。
そこは「知りたがり」なんでアリ、
「欲しがり屋さん」なんである。(笑)


 その(試作の話)を、もうチョット突っ込むと、
私の場合には、1本の試作に対して、
先ず、最低4個体が必要なのね。

・1本は、墨出し用のブロック(上写真参照)。
・2本目は、何処まで一気に削るかの、(切削目安)みたいな個体。
・3本目は、ほぼ完成品曲線の(立体設計図)、(ルアー・ブランク)と呼べる(お手本)の個体。
・4本目がやっと、内部構造まで組み込める、(ルアー試作用のブランク)の個体だね。

 そこから、5本目でウエイト位置を変えてとか、
6本目で重量を増減させてとか、
7本、8本、9本目、でシェイプを変えたらまた1本目・・・。
と言う具合でしょうか。

 だもので、その内に(手の平に設計図)がコピーされて行くのです。
形が手に馴染んで行くとも言えます。


More

 以前に、
「1発で(作りたい物を形に出来ない)作家は、修行が足りない。」
と言った話を聞いた事があります。

うん、確かに。一理ありますな。

 経験やアイデアが不足しているのかも知れません。
 迷いが有って、1発で決まらないのかも知れません。

 んでも良いんです。迷いが楽しいし、
試作品の有意差を比較するのが、また楽しいのだから。
それから、往々にして「新しい物が出来上がりそうな時」、
そんな時は迷うものです。
失敗も有るけれども、誰も”答えを知らない”のだもの。
 結局、明確な答えがある物は、
自分で既に「知っている物」なのでは無いだろうか。


「さてさて、実釣テストには、何時辿り着くのでしょう?」


追伸:
 ルアー作品について、偉ぶって見た訳では無くて、
 「進路や岐路」に迷った時には、俯瞰して、
「自分を一つの作品に見立てて」創造する事は、
解決する事は楽しいよねと。
それも一つの技術だねと。
自分に言い聞かせてみたかったと言う話。
纏らないけれど。

「明日は穏やかに過ごそう。」 工膨張♪
[PR]

by high-five-info | 2013-02-21 22:21 | 工房日記