工房ハイファイブ

aketa2011.exblog.jp
ブログトップ

2013年 05月 31日 ( 1 )


2013年 05月 31日

エンスージアスト

a0244276_21151351.jpg

a0244276_2119593.jpg


今月も(更新)サボリっ放しですみません。

 まぁ、40超オジの工房日記なんてなぁ、
そもそも、こんな物なのです。
 気長にお付き合い下さいませ。
(目指すは、やっぱ50超スか!)ね!


 そうそう、そう言えば先日、
久し振りに友達の誘いを受けて、
1日中ぶっ通しの釣りを楽しみました。

やっと、寒さも和らいだ湖面に浮かび、
色々なルアーを投げ倒して、
1バイトのみでしたが、
「あー気持ち良かった。」


 ここの所の、体調の悪さも
有りましたけれども、想い反してみれば、
今年はまだ、釣行とは言えない様な、
短時間の「(試作ルアー)の動きTEST」を、
幾度かチョイチョイのみでしたからね。

何の事は無い。昔から、
(試作ルアー)に没頭している間は、
得てして、季節感も忘れる様な、
(籠りっきりの)生活に成りがちなのです。
・・・ルアー屋が、魚釣りに出られない。

それでは本末転倒と仰る方も居るでしょう。
『しかし、やってみれば解かりますよ。』

もう。


私にとって魚釣りは、
釣り上げた枚数ではないのです。
大きさでもなく勿論、釣行の回数や
時間でもないのです。
『魚釣り』は空間なんすな。
実験で、哲学で、歴史で、
気持ちで、繋がる生活なんすな。
ほいで遊びの部分なのです。

フィールドに出ても工房の延長線に居り
工房生活はフィールドの延長に在るのだ


ごめんなさいね、気分を害される人も、
中には居るかも知れません。
「投げて釣り倒してこそTESTだろ!」っと。


しかし、自分で
『好きに作ってみれば解かりますよ。』

 釣って釣って経験をすると、結局の所、
「次に手にしたい道具は何?」と言えば、
自分好みに調律された物。
それから ソソル興味。
~効果への期待或いは、想像が出来ない物
を欲すると言う訳です。

確かに 『魚釣りの本質』とは違うのですが、
正に 『道具の本質』は此処なのです。

「次は、どうやって魚を釣ろう。」


きっと、バイクや車への愛情とも
類似しているのでしょう。
「あの峠を 誰よりも速くバリバリ走るぜ!」
※(何だ。たった1行か?)

いえ、私は違うのです。
(多分エンスー)

↓続く

More
[PR]

by high-five-info | 2013-05-31 01:19 | 工房日記