カテゴリ:工房日記( 73 )


2012年 12月 12日

2012年 『卒業御礼』

a0244276_2226117.jpg

 雨の日も、風の日も、一緒に暮らして来た作品達。
「2012”kiri-Kiwi"」が、とうとう工房から
旅立って行ってしまった。

出荷は毎度の事なのだけれども、
今は、正直言って寂しい。

 「工房」と言っても、この場所はそんなに広い部屋では無く、
ごちゃごちゃと機材が有って、家具があって、釣具があって、
バイクと自転車も、部屋の中で一緒に暮らしていて、本もCDも山積みで、
それなものだから、私が寝るアウトドアー仕様のベット(コットの事ね)は、
作業机の殆ど隣に位置している訳。
(正に、寝起きも一緒の生活。)

 朝、目覚ましが鳴って起きると、作業机上の作品達は、
(わーわーきゃーきゃー)と騒いでいる子供達の様にも見え、
工程が一歩進めば、進んだ分だけ、ちょっと凛々しく見えたりして。

 いよいよ箱に収まると、何だか「リクルート・スーツ」に身を包む、
吾が子の様にも見えて、誇りと寂しさと心配で胸が詰まる。

 その頃、私は何故だか急に、胡桃や果物や葉野菜などを、
食べたくなるのだけれども、説明をしちゃうと、
一緒に食事をしたい気分なのね。(笑)

 昔、飼っていた2匹のハムスターが、
何と半年も経たない内に、11匹に増えちゃって、
4年ばかりを一緒に暮らしたのだけれども、
この時の名残りで、ついつい、「栄養をつけろよ」と、
父親気分で振る舞いたく成るのです。

 「君達、卒業おめでとう。」


■そろそろ 「キリキウィ」は、皆さんのお手元に到着している頃でしょか。
※「キャンペン」記事に連動して、出荷をさせて頂きました。
この場をお借りして、お礼を言わせて頂きます。
 お買い上げ誠にありがとうございました。
(御代金は大切に使わせて頂きますね。)
今回ご希望に添えなかった方にも、
次回また、私頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します。

工房ハイファイブ








「kiri-Kiwi」の成長を見守る「Hi-Ball先輩」(埃かぶって失礼します。)
a0244276_20565580.jpg



a0244276_2052746.jpg

[PR]

by high-five-info | 2012-12-12 22:22 | 工房日記
2012年 12月 01日

12月『キャンペン』

a0244276_1623275.jpg


■『KIWIのミンクオイル』を購入すると、
”Kiri-Kiwi”の抽選に応募が出来る!
キャンペーンがあるらしいナァ。

 或る朝、
俺(スティーブ)は、出勤途中の馴染みのガソリン・スタンドで、
そんな”怪情報”を聞きつけた。

 「本当だろうか?!」
「急がねば成らない!」
「もう、始まっているのかも知れない?!」

 私の勤務する、”W.U.M.O.I.(水面未確認物体特捜班)”は、
不可解な「魚達の捕食行動の原因」を解明するべく、
数年来に渡って、「ブラック・バス」の生態調査を行って来た。
 時には、「人間工学」、時には「古代世界史」に学び、
現在「自然農法」と「栄養学」、果ては微生物調査も視野に入れた研究に、
日夜明け暮れている。
 

 時に、不当に上昇を続ける、”OIL価格”の謎、
”OIL供給源の仕組み”には、原因の一端を探る鍵が有るのでは無いか?
 その突拍子も無いが、ある意味では的を得た、「秘密の調査論文」に、
出会うの事は必然だったとも思われるが、その内容に関する疑念が、
我々の心奥深くに影を落とし、何かに衝けても気に掛り始めていた事には
間違いがない。しかし・・・。

 しかし、しまった。「OILとは、石油の事だと思っていた。」
まさか、”ミンクOIL”の事だったとはね・・・。厭きれたものだ。

 我々は、各々が楽しみに心待ちしていた、朝食の談笑のひと時と、
「全く瑞々しいオレンジ」と、「熱いブラックコーヒー」に別れを告げて、
急遽、街の『靴屋さん』へと聞き込みの調査に向かった。

 昨晩の盛り上がり過ぎた、パーティーの疲れと、
余韻とを引き摺りながら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「あ~ん?Kiwi? 知らないねぇ。」
「おたく何? 靴のサイズは幾つ??」

 シラを切る、白髪混じりの初老の靴屋亭主。
足元を見れば、丹念に手入が成された、
(RED WINGのアイリッシュセッター)ブーツを、
これ見よがしに履いているではないか。
 
 15年は履き込まれたであろう、その靴底は、
上から見ても彼の”歩行の癖”が判る程に、
身体の外側に向かって偏磨耗をしている。
 きっと、他人がその靴を履き、舗道を歩こうとするならば、
真っ直ぐに進む事は、困難なのでは無いだろうか。

 しかし、”飴色”に良く磨き込まれている・・・な。
※(間違い無い、手入れに使用したのはkiwi社の「MINK OIL」だ!)



■「おやじ(亭主)さん、解かるよ。」

「辛いのだろう。早くその靴も、直してお上げなさい。」
「私には解かるさ、あんたの靴、
 いや、”靴底”も身体の1部、
人生の1部分だって言いたいのだろう?」
「心有る人は、皆そうさ。」

「靴を早く直して、・・・いえ、修理をして、
 自分の身体の歪みも、治してお上げなさいよ。」


 心を見透かされた店亭主は、右眉毛を吊上げ、
驚きを隠したその口元は、食事前の金魚の様に、大人しく開閉していた。
小刻みに震える、胸元ポケットの煙草を弄る白い手。
勿論、私が見逃す筈もない。

「おっと、煙草はマルボロかい?それともLUCKY STRIKE。☆」
「ハハハ、図星かな?」

 追い掛けたこの言葉には、完全にやられた様子だ。
(「この男には全てが解かっている、逃げられない。!」)
そう思ったに違い無い。


 「ところでだ。先程のキャンペーンの情報なのだが、教えてくれないか。」
「いや、もう判っているんだ。 簡単に確認を取りたいだけなんだよ。」
「期日と、その方法、そして特徴、それから・・・。」

「それから?」

「あなたもう、応募を済ませましたね?」
迷惑は掛けないから。

⇒次号急展開!続く!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~いや、続かない。
たまには、こう言うんでイイかと、
遊んだだけだから。笑

**『(妄想) お問い合わせ』でした。
 工房長












a0244276_164289.jpg

(カラー名:CEO)

More
[PR]

by high-five-info | 2012-12-01 21:02 | 工房日記
2012年 11月 24日

箱詰め梱包

a0244276_1559766.jpg


 ■~「キンチョウの秋」は、尚も深まりつつ、只今梱包を進めています。

 解説書は、何度も何度も書き直しをして、
最初の勢いは少しづつ薄れてきて、
「落ち着いた感じ」に仕上がったかな。

 (わーっと)色々とを盛り込みたいのだけれども、
解説書は解説書なので、日記では無い訳ね。

 ずっと、お客様の手元に残ってしまうかも知れない"代物"なので、
流石に、40歳も超えて来ると、”それらしく”・・・。
「文章自体デザインを(校正も)」しなけりゃ成りませんですね。

っと言う事で、「力作です」お楽しみに。

続きを読む
[PR]

by high-five-info | 2012-11-24 17:35 | 工房日記
2012年 11月 15日

解説書を綴る

a0244276_20545649.jpg

 只今、2012年度作"Kiri-Kiwi"の解説書を作っています。
解説書と言っても、「ルアー使用」にあたっての、
一応の注意点やら、素材の特徴やら。
 今年も、どれだけ私が「ルアー・フェチ」なのかを、
ざっくり盛り込むだけだ。(笑)

 今から遡ること、約8年前。
『1st Hi-ball』の発表時には、パソコンも無く、ワープロも無く、
(コピー機何て物はもちろん有る筈も無く、確かコンビニのコピー機で刷った。)
ボールペンで、嫌と言う程に、グダグダと書き込んだ解説書は、
想えば、"まるで付き合い始めた2人の『交換日記』"の様な。
『手紙』に近いものがあった。

*「自主制作とは、そうしたもんだ。」
 っと言う気概に、溢れて居たのさ。~楽しみは現在も続く。

 今では、読み返す事も無いのだけれども、
懐かしさに、間違えて読んでしまったならば、
"・・・きっと顔面から火を吹くだろう・・・。"
 「好き、好き、大好き!」とか、
書いてあるのだろうか。 
「どれだけ思春期なんだ?」
わははは!小っ恥ずかしい。


 しかし、当時の青くさい青年(?)も、
皆様に支えられて、こうして今年も作品出荷を、
準備が出来る時期にやって来ました。

 本当に何個を無事に、お客様のお手元に
届けることが出来るのか、未だ解からない。
"すぽーん"と、手から転げ落ちるだけでも、
出荷は出来なく成ってしまうので、
大切に包みます。
 良い意味でも、最後の最後まで、
宅配集荷所まで緊張感は続きますよ。

 折角なので、「養命酒」を片手に、暫くはこの、
「キンチョウの秋」を楽しむのだ。



>あれ?もう冬なのかしら。早いね。







 
 

 
a0244276_221935100.jpg

●「My塗装ブース」 工房ハイファイブ


 
[PR]

by high-five-info | 2012-11-15 22:45 | 工房日記
2012年 11月 11日

揃ったネ

a0244276_1525458.jpg

2012.11/11 22:22 を(工房ハイファイブ)から、お知らせ致します。
[PR]

by high-five-info | 2012-11-11 22:22 | 工房日記
2012年 11月 09日

太陽に投げろ!

a0244276_1394948.jpg
a0244276_1511426.jpg
a0244276_145123.jpg

●表題は、ただ単純に、
「私は吠えないよ。 投げるだけ!」っと思ったのだ。
それから、作るだけなのだと。。

 先日は、秋空に誘われて、
組み上がったばかりの、「新作ルアー」の、
(動き設定)最終チェックにと、
川沿いに立ったのだけれども、
何時の季節も夕陽は綺麗だね。

 こんな景色、『夕陽』に掴まってしまうと、
日が暮れてしまう迄は、何もしなくても良い気分に成ってしまった。
 自然と身体が、ここの場所を動けなくなってしまったのです。
「夕まずめ」なのに魚釣りもせずにね・・・。

「おお、ルアーの色も陽に溶けて行くよ。」

気持ち良かったな。
[PR]

by high-five-info | 2012-11-09 01:00 | 工房日記
2012年 10月 29日

「壊PC」の巻

a0244276_23365632.jpg
a0244276_2340372.jpg
a0244276_23385280.jpg


○最近、PCの電源が壊れておりました。
[PR]

by high-five-info | 2012-10-29 00:25 | 工房日記
2012年 10月 06日

リップ切削中

a0244276_2347421.jpg

1枚1枚、しこしこしこしこと・・・。
何ちゅうか、もう。鼻血が出そうです。
でも、それが好きなのね。

真鍮板を、せっせと切削加工していた際中に、
今年も、また1歳年を取りました。

おめでとう様、私。ウゥ~。

養命酒で乾杯だ。
「今日は、一気に3杯飲んでしまおう。」
お祝いだからな。~美味しいなコレ。


いや、60ml(20ml×3回)を服用すると言うべきか。
まっ、いいや。

※薬用養命酒は成人:1回20ml、1日3回まで。
[PR]

by high-five-info | 2012-10-06 00:32 | 工房日記
2012年 09月 19日

「アト・ドンケカール」

a0244276_23115491.jpg


■いや、前回の『タイトル予告』は、特に大きな意味はないのです。

 まだ、これから(ウレタン・トップコート)だし、(リップ)も作らにゃ成らんし、
(部品を組み付け)して、(泳ぎのテスト)をして、
(説明書)的なものを作って、(梱包)をして。
 「完成迄に、あとどの位掛るのかなー。」と単純に思った訳です。
体力が続けば良いなぁと。

※(会社勤めが有るので、1日に3~4時間づつ、コンスタントに工房るのは、
 まぁ、残業時間に換算すると、どう言う状態に成るのか、想像に易いでしょうか。)
 疲れた時には、「工房作業」は休みますから大丈夫ですけれどもね。
  「私、出荷時には、また感極まって涙を流すのでしょう。」 笑


*あっ、”ドンケカール”とは、
何でも、「千葉の富津辺り」の古い漁師言葉で、
 「どの位掛かる?(どの位在る?)」を言い表すのだそうな。

 私も、初めて聞いた時には、
「お前ら、ドイツ人(語)か!」と、大笑いしたもん!
 他にも、「ヤンデク=歩いて行く」、「オイナイデス=いけないです」、
「チーセエ=大きい」等々、間違えていたら御免なさいね。

 私の出身地は、同じ千葉県でも、もっと上の方なので、
ある意味では、今でも『不思議満載の南房総』なのである。

 そんな訳で、私これから「真夜中のウレタン」です。


 いい夢見ろよ。 by工房長


 
[PR]

by high-five-info | 2012-09-19 00:05 | 工房日記
2012年 09月 16日

「煮詰まって来ました。」

a0244276_1563153.jpg
a0244276_1592391.jpg
a0244276_15152885.jpg


◇今期の「ルアー塗装」も、そろそろ煮詰まってきましたよ。


 全ての個体が組み上がった時点で、
「さて、何個がB品に成らずに仕上がるのか。」などと言う、
次の課題も有りますから、「何個数を吹いたか」をお話するのは、
ちょっと控えますけれども、そこそこ楽しめた数量(10色種)とだけ、
お伝えしましょうか。

『5.6%工房人』
[PR]

by high-five-info | 2012-09-16 18:08 | 工房日記